爪水虫の症状

爪水虫は気が付きにくい

爪水虫はかゆい、痛いなどの自覚症状がないため
気が付きにくいと言われます。

 

水虫の原因の白癬菌はカビの一種で
手、体にも付きますが
高温多湿になる足の部分がもっとも繁殖しやすい場所になります。

 

気温が高くなり、雨の多い時期は白癬菌にとっては天国です。
白癬菌をうつされないようにする事、
足の清潔を保つ事が大切です。

 

 

気が付きにくい爪水虫ですが、症状の目安は
爪が厚くなる
爪の表面の色が黄色っぽくなる
爪が白くなり、にごった感じになる
爪にたくさんの筋が入る
などです。

 

爪水虫は悪化すると爪がボロボロになってしまいます。

 

そうなると飲み薬での治療なども含め、長期間の治療が必要になります。

 

ジェルやスカルプチュアなどで爪の変化がわからない時でも
ひそかに白癬菌が繁殖しているかもしれません。
白癬菌はたんぱく質のケラチンを栄養にしているので
皮膚の角質部分にとどまらず、爪の中にまで入ってきます。

 

白癬菌は他人からうつります。
ジム、温泉など多く人が利用する場所で白癬菌に感染することも多く、
バスマット、床、手などからうつります。

 

家に帰ったらきれいに足を洗浄するようにします。