冬の水虫

冬でも水虫菌は生きている

水虫で悩んでいる人は4人にひとりとも言われています。
かなりの割合ですね。

 

夏にはドラッグストアにも水虫薬が一番目立つところに並べられ、
その需要の高さを物語っていますが、
冬には隅っこの方に追いやられます。

 

買う人も少ないのでしょうね。

 

でも、冬に水虫の治療をやめていいという事ではありません。
むしろ冬こそしっかりと完治させて、次の夏には気持ちよく過ごしたいものです。

 

冬は気になる痒みなどの症状がでにくく、また素足をさらすことも少なくなるので
どうしても水虫治療がおろそかになりがちです。

 

かゆみがなくても水虫菌は生きているのです。
白癬菌は活動が鈍くなっているだけで、皮膚の角質に住んでいます。

 

冬は靴やブーツを履いていたり、温かくするために、靴下やストッキングを
重ね履きしたりします。
足だけ高温多湿になっている場合もあります。

 

冬でも足が蒸れたり、汗をかいたりします。
白癬菌がとても好む環境になっていますよ。
水虫菌がいる感じがしませんか?

 

水虫菌はしっかり退治するまで治療を続けることが大切。

 

夏の水虫菌の勢いが強い時に治療するより、
冬で寒くて、水虫菌の活動が鈍くなって繁殖力が弱い時に
徹底的にたたく方が効率的ですね。

 

症状が気になるためにどうしても夏に治療しようとする人が増えますが、
冬の今が水虫を完治させるチャンスです。

 

おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ