爪水虫

爪水虫かどうかどうしたらわかる?

爪水虫かどうかチェックするにはまず爪の色や形を見ます。
爪が厚くなっていたりボロボロともろくなっていたり、色が白や黄色になっていると
爪水虫が疑われます。なんと日本人の10人に1人が爪水虫にかかっているとか。
痒みとかがないので気がつかない人も多いのですが、
爪水虫保有者の割合はかなり高いと言えますね。

 

爪水虫かどうかは爪の形や色などでだいたい判断しますが
実は皮膚科に行って白癬菌がいるかどうかを調べないと爪水虫かどうかの判断はできません。
というのも爪の変形の原因は爪水虫だけでなく爪甲剥離、厚硬爪甲といった病気もあるからです。
爪が変形していても白癬菌がいなければ爪水虫ではありませんので
クリアネイルや他の水虫薬を使用しても治らないということになります。

 

水虫は白癬菌が皮膚に寄生して発症し、白癬菌が皮膚にとどまらず爪にまで入り込んでしまったのが
爪水虫です。

 

白癬菌が爪に入り込むとやっかいで、皮膚の水虫をいくら治療しても爪の中に生きているために
何度でも水虫がぶり返してしまいます。

 

白癬菌が棲むのは足だけではありません。
頭、手、体、陰部などにも棲みつき痒みなどの症状を起こします。

 

白癬菌はカビですが水虫に似た症状にかぶれや細菌感染もあります。
かぶれ、細菌感染などでも水虫と同じような痒みや赤み、水ぶくれなどが起こります。