水虫とかゆみ

水虫のかゆみ

かゆみは水虫菌自体のせいではありません。身体の免疫機能が働くためかゆいのです。
身体が水虫菌を追い出そうと頑張っている証拠です。かゆみは免疫反応なのです。

 

そしてこのかゆみが出ているうちは水虫の初期でかゆみが出なくなると症状が悪化していると
考えた方がいいです。2〜3年もすると水虫の初期症状のかゆみがなくなり、
水虫の範囲が広がり、治りにくい爪水虫になっているかもしれません。
水虫は末期になるとすっかり身体と仲良くなり、かゆみも免疫反応も起こらなくなるから
よけいに始末が悪いですね。かゆいと治そうと思いますが、かゆくないのですっかりほったらし・・・
なんて人もいるのでは???

 

治すならかゆいうちです。水虫は早く治療を始めればそれだけ早く治ります。
かゆみがなくなってから治そうとすると治療期間が長くなります。爪水虫もそうです。

 

水虫はかゆくてもかかないことが大切です。
水虫の部分をかくと皮膚が傷つき余計に水虫菌が侵入しやすくなり感染範囲を広げてしまいます。
それにかくとかゆみの原因物質であるヒスタミンが出てしまうのです。
かかないようにするためかゆみを抑える薬を使ったり足を温めないよう気をつけます。
温めるとかゆみが強くなるのでお風呂やシャワーもぬるめにして足を温めないようにします。

 

かゆみがある初期の時期に水虫を治しましょう。かゆみがなくなったり爪水虫になると
治るのに時間がかかります。